NO IMAGE

くさび状欠損について

くさび状欠損について

最近の歯磨き粉を使用して歯ブラシをすると、研磨剤が大量に含まれている為に知覚過敏症になりますが、高齢者の方は若年者に比べて、歯の硬組織の中の歯髄の部分に第二象牙質が形成されて、歯髄腔が狭くなりそして外来刺激が伝わりにくくなるため、知覚過敏症になりにくくなります。

しかし知覚過敏症になりにくくなるからといっても、歯の歯頚部付近のセメント質はどんどん削れて象牙質も削れるので、きこりが木を切る時に根元にくさびを入れるのと同じように、歯も削れて咬合力に耐えれなくなって歯が折れるようになります。折れなかったとしても虫歯が進行しやすくなり、歯の寿命も短くなります。

このように気づいていない患者さんが非常に多く見受けれれます。

症状が何もないからといって歯磨き粉を使用するのは注意してください。

虫歯や歯の破折予防の為に、市販の歯磨き粉は使用しないほうがいいでしょうね。

歯磨きの最新記事8件

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。