NO IMAGE

ガムと虫歯について

ガムと虫歯について

ガムの中に砂糖が入っていなければ(例えば砂糖の代わりにキシリトールが含まれていれば)、歯の虫歯を予防します。

砂糖が一番の虫歯になる原因ですから、ガムに入っていなければ虫歯にはなりません。

ガムは何度も咀嚼することになるので、その刺激で唾液が大量に分泌されます。

唾液は抗菌作用・自浄作用があるので、砂糖の入った食べ物を食べた後にガムを噛んでも、歯の虫歯を予防します。

唾液が多く分泌される方は、虫歯の予防効果は高いです。

そして知覚過敏症にもなりにくいです。

唾液は血液が変性していたもので、特に日頃からカルシウムを多く摂取されている方は唾液の中にも多くのリン酸カルシウムが含まれているので、歯の表面を石灰化をします。

唾液の分泌量が多ければ、歯の表面の石灰化も促進します。

そして歯の脱灰による初期の虫歯を再石灰化をして歯を硬くして、虫歯や知覚過敏症の予防をしてくれます。

虫歯の最新記事8件

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。