NO IMAGE

クラウンについて

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

前回は補綴治療について、ご案内いたしました。今回は補綴治療の一つであるクラウンについてご案内いたします。

クラウンとは
簡単な概要は前回のブログでもご案内しましたとおり、歯ぐきの中にある根の部分(歯根)に、「コア」と呼ばれる土台・芯を挿し込み、その土台の上に金属やセラミックで作った人工の歯冠(冠)をかぶせる治療です。(前回のブログはこちら

治療の素材について
コアに使用される材料には金属とプラスチック(レジンコア)とがあり、いずれも保険適用となります。保険適用外のものとしては高純度の金合金を使用した「ゴールドメタルコア」、グラスファイバーを使用した「ファイバーコア」があります。(ファイバーコアは当院の治療では採用いたしません(詳細はこちら))。

冠は金属のものとセラミックのタイプがあり、それぞれの治療の状況によって使い分けられることがあります。
セラミックのタイプであれば、審美目的に優れており、古く変色した差し歯を変える、虫歯のあとや歯の欠損部分を補完するときに自然な仕上がりとすることが出来ます。金属冠は主に奥歯(臼歯部)に用いられますが、金合金などの材料を使用すると保険適用外になります。

審美性や利点、留意点については当院ホームページでもご案内しておりますが、診療時に用いる素材について、きちんとお伝えしておりますので、ご安心ください。
詳細はこちら(自費治療費一覧ページ)

クラウンの手入れについて
クラウンは他の自分の歯と同じように歯磨きやフロスにより手入れします。クラウン自体は金属やセラミックスなのでむし歯になりませんが、クラウンと隣の歯の間や、クラウンの縁の部分にプラーク(細菌のかたまり)がたまるとそこからむし歯や歯周病の原因となります。ご自身の歯を守るために口腔ケアはきちんと行ってください。

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。