NO IMAGE

ブラッシング圧

歯垢(プラーク)は基本的に歯磨きはやわらかいものです。適切に歯ブラシを当てていれば、ごく軽い力でも十分プラークを取ることができます。一般的にブラッシング圧は普通の硬さの歯ブラシを使った場合、300g前後が良いといわれています。

ブラッシングは一生懸命やっているのに、歯ブラシの毛先がすぐに広がって痛んでしまうという人がいます。これはたいていの場合、歯ブラシを強く押しつけ過ぎているからです。このようにブラッシング圧が強すぎると、歯ぐきを痛め、プラークも取れないという最悪の結果になってしまいます。

 

歯磨き

歯ブラシを動かす時のストロークの大きさも大事です。ストロークが大きいと毛先がうまく歯に作用しなくなり、歯と歯の間に磨き残しができたり、歯ぐきの張り出した部分に傷がついたりします。(図の矢印部分)。

歯磨き

歯磨きの最新記事8件

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。