NO IMAGE

小児の歯列矯正

小児の歯列矯正について

 

最近の子供さんは柔らかい食べ物を食べているせいか、顎の発育がよくなくて小さい顎や細い顎の方が多く、乳歯の時は歯並びが良くても永久歯が萌出する時に、顎の発育不良のために歯と歯の隙間(すきっぱ=発育空隙)がなく、歯列不正(特に叢生・らんぐい歯)になりやすいです。

小児の歯列矯正では顎の大きさを大きくする装置があるので、それで足りないスペースを確保して、永久歯が萌えてくるように咬合誘導します。
小児の時に歯列矯正したほうが、矯正が終わった後に後戻り(元の歯並びに戻ろうとすること)しにくいです。(歯の歯根が成長途中のため)

小児の歯列矯正が嫌な方は、永久歯が萌えるのを邪魔する乳歯の便宜抜歯をして、永久歯がきれいに萌えるのを誘導します。後に前から4番目の永久歯を便宜抜歯しなくては正常咬合にならない場合もあります。

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。