NO IMAGE

当院がファイバーコアーを治療に使わない理由

コアー用ファイバーポストの主材料はグラスファイバーでできています。canstockphoto18228328
グラスファイバーの問題点として、切削時に吸引をしっかりしないと口腔粘膜に刺さって取れなくなり、吸引できない可能性があります。
さらに、吸引による珪肺(けいはい)被害が取り沙汰され、アスベストの粉塵による中皮腫発生のように、ファイバーコアーの切削時に口腔粘膜や咽頭などに削り屑が取り込まれやすくなります。
疾患が発生する可能性もあるので、治療後の経過がどうなるかわからないのです。

以上のことから当院ではコアーにファイバーコアーを採用しておりません。

 

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。