NO IMAGE

歯磨き粉について

歯磨き

歯磨き粉はブラッシングの効果を上げますが、たくさん泡立てる事で磨けた気がしてしまったり、香料(ミントやメンソールなど)による清涼感で満足してしまい、磨き残しの原因になったりもします。歯磨き粉の使い方には注意しましょう。

成分と作用
歯磨き粉には基本成分(研磨剤、発泡剤、保湿剤、結合剤、香料など)のみからなる「化粧品歯磨剤」と、基本成分に薬用成分を含む「医薬部外品歯磨剤」とがあります。

歯磨き粉

知覚過敏症の人や、歯根の見えてる人には、研磨剤の含まれていない液体歯磨き粉、フォーム状歯磨き粉などがお勧めです。また、ブラッシングが上手くできていないと研磨剤によって歯を傷つけてしまうこともあります。最近の練り歯磨き粉の中には研磨剤の入っていないものもありますので、製品の説明をよく読んで選びましょう。または歯磨き粉を使用しないでブラッシングをするほうがいいでしょう。

効果
薬用製品の中でも特に虫歯予防を目的として、フッ素やキシリトールの入った歯磨き粉があります。これを使うときは1〜3回のすすぎが適切です。すすぎを多くしてしまうと、フッ素の濃度が下がり、効果が得られないからです。またフッ素を使うと、お子さんだけでなく、大人に多いセメント質の虫歯や歯と歯の間の虫歯の予防も期待できます。

歯磨きの最新記事8件

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。