吉村大阪府知事のTwitter画像

歯科医院での新型コロナウイルス感染リスクについて

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
以前にも新型コロナウイルス感染症をテーマに、ブログを配信いたしました。今回は感染リスクについてご案内したいと思います。

発生から約1年がたち
OKサインのイメージ新型コロナウイルス感染症発症から1年以上が経過し、次第に歯科医院での治療が通常に戻りつつあります。
当初において、歯科医院は観血処置が多く、また空気汚染(エアロゾル)も発生しやすいため、感染のリスクが高い場所という認識がありました。
しかし1年以上が経過し、新型コロナウイルス感染症の院内感染のニュースはほとんど聞かれません。
前回のブログでもご案内しておりましたが、現時点においても日本歯科医師会の発表でも「<歯科治療>を通じて患者の中での新型コロナウイルスの感染は1件もない」とコメントが出ています。
このことは高い基準で歯科医院では感染リスクを抑えられている事が証明されている、と言えるでしょう。

今回は、歯科医院へ行っても感染リスクは決して高くないことをお伝えいたします。
まず、歯科医院ではそもそも、新型コロナウィルス以外にも多くのウィルスや細菌などへの感染を防ぐために、以前より予防策をしっかりと行っています。

もともと感染症対策は徹底されている歯科医院
コロナウイルス感染症のイメージ画像新型コロナウイルスだけでなく、ノロウィルスやはしか、風しんなど、私たちの身の回りには感染を引き起こす可能性のあるウィルス、細菌などがたくさん存在しており、歯科の治療を通じては、肝炎ウイルスの感染リスクが以前より指摘されています。ですので、さまざまな対策をもともと行っているのです。手指の衛生を保つこと、防護具を着用すること、医療器材の洗浄・消毒などがそれにあたります。洗浄・消毒に際してはその作業工程を区域に分けて汚染が広がらないような細やかな配慮もしています。

このようないわゆる「標準予防措置策(スタンダードプリコーション)」に加え、さらに新型コロナウィルスへの対策もしっかり行っています。

ほとんどの歯科医院では、緊急性の低い診療については、患者さんには積極的に来院を控えるように伝えています。これにより、患者さんに外出を控えてもらい、患者さん自身の感染や移動による感染リスクの低減、院内での感染防止に努めているのです。また歯科医院の中では、待合室や治療室での人口密度をできるかぎり小さくし、さらには発熱など感染が疑われる患者の診療も避けるようにもしています。そうして、患者間での感染や、医院内での感染拡大が起きないよう、細心の注意を払っているのです。

治療が必要な方は必ず通院してください
吉村大阪府知事のTwitter画像吉村大阪府知事がツイッターで大阪に5500の歯科医院があるがクラスター発生がゼロ。感染対策の賜物であるが、何かある とつぶやいていました。
大阪府のみならず全国でも歯科医院でのクラスターはゼロです。
当初言われていた「歯科医院が危険な場所」という誤解がすすみ、本来きちんとした診察・治療を受けないといけない患者さんが、こういった理由で通院を控えるような空気になっているのはたいへん問題であると考えています。

今後、緊急事態宣言が解除されていったとしても、私たちは新型コロナウィルスとの共生を図っていかねばなりません。
報道によって、不急ではない歯科治療や口腔ケアがなされることなくそのまま放置されてしまうのは、大変大きな問題です。

コロナウイルス感染症の最新記事8件

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。