NO IMAGE

虫歯・親知らず・歯周病のQ&A

Q1:虫歯であごが痛い時の処置はどのようにするのですか?

 

A1:虫歯であごが痛くなるのは虫歯がかなり進行している時で歯髄炎か根尖性歯周炎でしょう。

前者は神経を綺麗に取って根管内も綺麗に掃除して防腐剤を緊密に詰めるだけです。

ただし神経を取り残したら痛みがいつまでも残ります。

後者もほぼ同じことをするのですが違いは根尖先に溜まっている膿を排出させる為に一番細いファイルで根尖口を通過させてから根管拡大形成をします。

この時に重要なのが根尖口を歯質の削りくずで詰らせないで拡大形成する事です。

詰らせると排膿させる事が出来ないので急性症状がでたら最悪抜歯しなければなりません。

最新の根管治療はこのように難易度が高い治療なのです。


 

Q2:親知らずが歯周病になったらどうしたらいいのでしょうか?

 

A2:親知らずは歯ブラシできちんとブラッシングできない事が多く歯周病になりやすいです。
ひいては手前の歯も歯周病になりやすく虫歯にもなりやすいので、早めに抜歯したほうが手前の歯を失う事を予防できます。

歯周病治療の最新記事8件

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。