NO IMAGE

<小児歯科>子供の歯の生え変わりについて②

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
前回は、乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこない場合についてお伝えしました。
今回は前回とは逆の場合で、乳歯は抜けていないが、永久歯が生えてきてしまったときについてお伝えします。

永久歯が乳歯の内側に生えてきてしまった場合
乳歯が抜ける前に、永久歯がその内側から生えてきてしまうケースがあります。下顎の前歯は、この状態になる場合が多くあります。歯並びに影響がでることを不安に思って受診してくる方もいらっしゃいます。
しかし、永久歯が生えてきても乳歯が抜けずに重なってしまうことは珍しいことではないのです。大抵は、経過観察をしているうちに乳歯が抜けて、自然と正常な歯並びに戻っていきます。

注意しなければいけない場合
永久歯が内側に生えてきてしまった時、ほとんどの場合は乳歯がもうすぐ抜ける状態になっていますが、まれに永久歯が生えてきているのにも関わらず、乳歯が抜けそうにないことがあります。この時は、抜歯をしなければいけないことがありますので受診してください。
他にも、受診を勧めるケースがあります。乳歯が抜けた後、内側に生えた永久歯が正常な位置にこないケースです。普通は乳歯が抜けた後には、徐々に移動していき正しい位置に戻っていきます。しかし永久歯が、乳歯が抜けた後でも移動しないときは、歯列矯正が必要になってくる場合があります。顎の成長にともなって正しい歯並びに戻ることもありますので、一度、相談しに医院にお越しください。

子供の歯の生え変わりは、経過をみることで自然と正常な歯並びになることが多いのですが、永久歯が生えているのに乳歯が抜ける様子がない、乳歯が抜けたのに永久歯が正しい位置にこない等、これらの場合は受診してください。
適切な処置を行うと、正しい歯並びに戻すことが可能です。子供の歯の様子をチェックして、状況を把握することが大事です。

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。