大阪市旭区にある歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

「う蝕に継発する疾患(顎骨の炎症)②急性歯槽骨炎」

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回も「歯や歯周組織等の口腔内の疾患」についてご案内します。

前回からご案内しております「う蝕に継発する疾患(顎骨の炎症)」ですが、顎骨の炎症は炎症の部位やひろがりかたによって、さまざまな病名がつけられます。今回は「②急性歯槽骨炎」についてご案内いたします。

う蝕に継発する疾患(顎骨の炎症)
②急性歯槽骨炎急性歯槽骨炎の膿瘍
前回ご案内しました「根尖性歯周炎」や「辺縁性歯周炎」が進行して発症します。
激しい疼痛、歯の挺出感(浮いたような感じ)や動揺があり、炎症が骨膜下に達すると骨膜下膿瘍が形成されます。その後、骨膜が破壊されると歯槽部や皮下に膿瘍(歯槽膿瘍・皮下膿瘍)が形成される。

重篤化すると感染は顎骨から周囲の口底や顎下部、頸部へと波及し、急性の化膿性炎症をおこします。

治療
安静を保ち、原因菌に有効な抗菌薬(こうきんやく)をできるだけ早く投与することが、治療の第一歩となります。膿瘍が形成された場合は、切開して排膿させることにより症状は急速に改善します。重篤化すると入院が必要となり、栄養療法とともに抗菌薬も、より確実な点滴注射で投与する必要がありますので、症状が進行する前に治療することが重要です。

疼痛・腫脹した局部への冷湿布や水に浸したタオルを用いての冷罨法は患者の苦痛をやわらげる点では好ましいのですが、氷嚢や冷却材による強力な冷罨法は循環障害を引きおこし、治癒を遅らせるため禁忌です。急性症状が軽快化したら、原因歯の治療を行いますが、抜歯での対応になる場合もあります。

次回は③顎骨骨髄炎についてご案内いたします。