大阪市旭区にある歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

「う蝕に継発する疾患(顎骨の炎症)④急性口底炎」

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回も「歯や歯周組織等の口腔内の疾患」についてご案内します。

前回からご案内しております「う蝕に継発する疾患(顎骨の炎症)」ですが、顎骨の炎症は炎症の部位やひろがりかたによって、さまざまな病名がつけられます。今回は「④急性口底炎」についてご案内いたします。

う蝕に継発する疾患(顎骨の炎症)
④急性口底炎
病態については、歯性感染によるものが多く、口底の舌下隙に化膿性炎症が及んだものを「口底炎」もしくは「口底蜂巣炎(口底蜂窩織炎)」と呼ばれます。

特に下顎智歯、大臼歯からは口腔底の組織隙に炎症が波及しやすいといわれています。

口底・顎下部の腫脹、舌の挙上、さらに開口障害・嚥下障害(高度の場合は流涎)などを伴い、全身的には発熱・倦怠感・食欲不振がみられます。
腫脹が著しい場合は呼吸困難を生じる場合もあります。

治療については、まず安静にして抗菌薬の投与・水分・栄養補給などを行います。膿瘍形成があれば、可能な限り早期に切開排膿を行います。
呼吸困難に対しては気管挿管あるいは気管切開を行い、気道確保を行います。
そして治療の経過をみながら炎症の再燃を予防するために原因歯を治療しておきます。

次回は⑤歯性上顎洞炎についてご案内いたします。