大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

「中心結節ってなに?」小児歯科情報

⼤阪市旭区の皆様こんにちは。⽣島⻭科医院院⻑の⽣島です。

皆様は「中心結節」というキーワードを聞いたことがございますか?
あまり耳慣れていないキーワードかと思いますが、小学中学年〜高学年のお子様がいらっしゃる方は一度、口の中を確認してみてください。
奥歯の乳歯の生え替わっていますでしょうか?

抜けたあとに生えてきた永久歯(小臼歯)のかみ合わせの面に、下記の写真のような円錐状の小さな突起はありませんか。

この突起のことを「中心結節」といいます。

出現率は〜4%といわれており、下あごの第二小臼歯(永久前歯から数えて五番目の歯)に多くみられますが、人によっては上下の複数の小臼歯や、まれにさらに奥の大臼歯に出ることもあります。

この状態のまま歯が伸びてくると上の歯と当たって、気づかないうちに折れてしまうことがあります。この中心結節の内部に歯の神経の歯髄が入り込んでいることが多くあり、その結果として、歯の神経が表面にさらされ、歯髄に感染が起こり、歯髄炎や骨膜炎、歯肉や歯槽の膿瘍を引き起こしてしまい、痛みや顔の腫れといった症状が現れることがあります。
このような症状のあらわれる時期が10代前半が大多数です。そしてこの時期は、中心結節のある小臼歯が生えてくる時期と一致しています。
症状が出た場合には歯髄の処置が必要となりますが、生えたばかりの永久歯は、歯根がまだ完成しておらず治療が難しいため、処置後も歯根の変化は要観察となります。

中心結節を見つけた場合、歯科医院では、破折を防ぐために突起の周囲を治療用の高分子材料で埋めて補強します。局所麻酔も必要のない比較的簡単な処置です。歯は表面からエナメル質・象牙質・歯髄という構造になっています。補強後は象牙質と歯髄の間に第二象牙質と呼ばれる組織が形成されて、先述のような症状はほとんど防ぐことができます。中心結節の破折による症状は成人になってからもみられることもありますので、大人でも気になる場合は一度受診してください。