大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

タバコを吸うと歯周病が悪化し、歯を失います

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
いきなり過激なタイトルをつけていますが、事実として受け止めてください。
喫煙と肺がんや心臓病発症などとの関連を知っていても、歯科の疾患との関連をご存知ない方はまだまだいらっしゃいます。

喫煙の影響
食生活や嗜好などが関係して発症する病気を生活習慣病と呼びますが、喫煙が関係するもののなかに、肺がん、循環器疾患、慢性気管支炎などと並んで歯周病があります。つまり、毎日の喫煙習慣の積み重ねが、歯周病の発症や進行の危険性を高めるのです。
歯周病はう蝕(むし歯)と並び、歯を失う大きな原因です。

喫煙者では、
・歯周病にかかりやすい
・そして悪化しやすい
・治療をしても傷口の治りが悪い
・再発がしやすく、歯が失う本数が多い
という傾向があることがわかってきました。

その原因のひとつは、タバコの煙の中のタールが歯の表面へ沈着し、ザラザラのところに歯周病の原因のプラークがつきやすくなることです。
また、ニコチンが肺や歯肉から吸収されると、歯ぐきの血流が悪くなったり、病原歯と戦う白血球の働きが悪くなり、歯周病の原因となる細菌が活発になることも考えられています。
さらに、歯科医院での治療後に、傷口を治す細胞たちの働きも鈍ってしまい、歯科医師の思うように歯周病が治らないことになります。

このように、喫煙を続けていると歯周病が悪化し、いつまでも治らずに歯が抜けていってしまうことになります。これらの危険は、1日の喫煙本数、喫煙年数が増えるとより高まります。
そうならないようにするためにはどうするのか?「禁煙」が一番の対処となります。