大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

プラークについて

⼤阪市旭区の皆様こんにちは。⽣島⻭科医院院⻑の⽣島です。

私たちが⻭を失う原因のほとんどは、う蝕(むし⻭)と⻭周病(⻭槽膿漏)によるものです。

この⻭科の⼆⼤疾患の原因は同じもので、プラーク(⻭垢)と呼ばれています。今回は、このプラークについてご案内します。

プラークの正体は⻭の表⾯に付着する細⻭の固まりです。⾊はうす⻩⾊で、ネバネバ、ヌルヌルした感じで、⻭を磨かないでいるとわずか1 ⽇で⻭の表⾯を覆うようになります。バイオフィルムと呼ぶこともあります。

プラークにはどれくらい細菌がいるかこのプラークのわずか1mg の中には、なんと1 億を超える細菌が住み着いています。⼩さなスプーン1 杯の砂糖が約1g ですので、その1000 分の1 の量に⽇本の⼈⼝に近い数の細⻭などの微⽣物が住み着いているのです。この細菌たちは、もともとは私たちの⼝の中の⻭⾁や粘膜や⾆、唾液などに潜んでいたのですが、より住みやすいプラークを⾒つけて移り住んできたのです。

⻭ブラシをしても、⻭の表⾯にはペリクルという、唾液からの成分である糖タンパク質が、すぐに薄い⽪膜を作ります。この⽪膜にむし⻭などの原因となるストレプトコッカスミュータンスなどの菌がくっつきます。くっついた菌は、⾷べ物の中のショ糖を使って、グリコカリックスというネバネバした物質を作って、⾃分たちの周りをテントのように覆い始めます。これは細菌たちにとって、とても住みやすい環境となります。この状態が数⽇続くと、今度はこの住みやすい環境をねらって、⻭周病の原因となる細菌たちが侵⼊して増えてきます。これがやがて⻭周病の原因となり、⻭茎を腫らし⾎や膿を出したり、⻭の周りの⾻を溶かしたりすることに関係します。またこのプラークは、外からの攻撃が内部に及ぶのを防御する、いわゆるバリアとなります。

プラークを取り除く⽅法

このプラークの脅威を取り除く⽅法のうち⼀番簡単な⽅法は、⻭ブラシの⽑先で細菌たちの巣を破壊し、掻き取ること、すなわちブラッシング(⻭みがき)です。

また⽢い物の⼊っている軟らかい⾷べ物は、プラークができるのを⼿助けするので、繊維質の野菜などを積極的に⾷べ、プラークをつきにくくする⽅法もあります。どちらにせよ「プラークがついたらすみやかに取り除くことが、お⼝の健康を保つ秘訣です。