大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

予防歯科(シーラント)について

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回は予防歯科(シーラント)についてご案内します。

皆様は小窩裂溝という言葉をご存知でしょうか?
口を開け鏡を確認すると、臼歯の咬合面(噛む面)や側面に複雑な形をした溝が確認できます。この溝のことを小窩裂溝(「しょうかれっこう」と読みます)と呼ばれています。
特に萠出したばかりの歯は、歯の溝が深く複雑であり、かつエナメル質の石灰化が未熟で歯が柔らかいため、むし歯が進行しやすい状況です。

この複雑な小窩裂溝は汚れが溜まりやすいので、特に念入りに清掃に心がける必要があります。また歯ブラシで除去できる大きさの溝であれば、ある程度は唾液の自浄作用も期待ができます。
問題は歯ブラシの毛先よりも細い溝の場合、そこに食べかすやプラークが入り込むと溝を塞ぐ形となり、唾液の自浄作用も期待できず、塞がれた溝からむし歯が発生し、進行してしまいます。萠出後の間もない歯は自浄作用の悪いゾーンが存在する小窩裂溝に対して、特にきちんと対応することが重要です。

子どものむし歯予防に効果が高い「シーラント」
シーラントとは、小窩裂溝填塞(しょうかれっこうてんそく)と呼ばれることもある「むし歯の予防方法」のことです。先述しました小窩裂溝に対して、フッ素が配合された歯科用樹脂素材(レジン)でコーティングを行い、小窩裂溝を塞ぎます。ではシーラントによるメリットをご案内します。

●むし歯を高い確率で予防できる適切なタイミングは6歳臼歯、12歳臼歯が萠出する時期です。この時期にシーラントを行うと、乳歯や永久歯が生えた段階で小窩裂溝を塞ぎ、むし歯の原因になる食べかすやプラークの侵入を防ぐことができるます。結果、高いむし歯予防効果を得ることができます。
●シーラントのレジンにはフッ素が含まれているものがあり、歯に塗布されたレジンからフッ素が出てきて、歯の再活性化を促進させます。そうすることで子どもの歯の歯質を強化してくれます。
●歯の溝を削る必要がないため、子どもが歯医者嫌いになる原因である「歯を削る恐怖」を味わわなくて済みます。(ただし歯面の清掃、処置は行います)
●歯の形状にもよりますが、基本的に処置自体に時間はかかりません。短時間で複数歯の処置が可能ですので、小さなお子様であっても負担なく処置を受けることができます。

このようにシーラントは非常に優れた予防歯科といえます。特に「6歳臼歯、12歳臼歯が萠出する時期」はシーラント処置を受けるように心がけていただければむし歯のリスクを低減できます。