大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

入れ歯の清掃について

大阪市旭区の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

今回は入れ歯の清掃についての注意点をご案内いたします。

入れ歯を磨くのに通常の歯ブラシを使用している方もいるかもしれませんが、入れ歯専用歯ブラシを使用してください。
通常の歯ブラシでは、形が複雑な入れ歯を隅々まで丁寧に磨くことは難しく、清潔にすることができません。入れ歯専用ブラシを使用することで、複雑な場所もきれいに磨くことができます。入れ歯の清掃は入れ歯専用ブラシで汚れを除去することが基本です。
入れ歯専用歯ブラシも様々なタイプがありますが、上顎の入れ歯のような凹凸が少なく比較的平坦な部位はどのようなブラシでも汚れは容易にとれます。逆に下顎の部分入れ歯の留め金(クラスプ)付近の狭小で汚れが溜まりやすい部位などの清掃には注意が必要です。

また超音波洗浄器を使用して清掃をする方法もございます。
メガネや腕時計の洗浄でもよく使われますが、入れ歯での清掃でも使える形状のものを使用し、入れ歯洗浄剤を投入して使用することで、微細な超音波が細かい汚れもきれいに落とせますし、なによりお手軽に清掃をすることができます。ただし、ガムなどの粘着性の汚れが付着している場合は、超音波洗浄器では汚れを取れませんので、その際は入れ歯専用歯ブラシで入念に汚れを落としてください。

入れ歯も1つの「食器」と考えてください。たとえば、朝食に使用したご飯茶碗に米粒がこびりついた状態で再度夕食に使用するでしょうか?必ず食器は洗って乾燥させてから次の食事に用いるでしょう。汚れたお茶碗にご飯をよそうことは決してないと思います。入れ歯の手入れも同様です。

入れ歯の汚れには、
①食事直後の食べかす
②入れ歯表面に粘着しているネバネバ汚れ(デンチャープラーク)
③長期の清掃不備による固くて灰白色の歯石のような汚れなど

①②の汚れは比較的容易に除去できますが、③の汚れの除去には歯科医師の判断が必要です。決して自分でカッターなどを使用しないようにしてください。
そこで日常的な注意点ですが、入れ歯清掃時には、洗面所のシンクに水を溜めておけば、万が一、手を滑らせてもポチャンと水面に軟着陸して破損の恐れがなくなります。
ブラシでの清掃時には歯みがき剤などは決して使用しないでください。歯みがき剤に含まれている研磨剤が入れ歯のプラスチック樹脂(レジン)をすり減らしてしまいます。
入れ歯専用の清掃剤を用いてください。