大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

入れ歯(義歯)について:部分入れ歯

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回も引き続き補綴治療についてのご案内をいたします。今回は入れ歯(義歯)です。

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。装着箇所の上顎、下顎の残存歯の状態によって選択します。
自分の歯が残っている状態で、そこに部分入れ歯のツメ(クラスプ)をかけることができれば、部分入れ歯の使用が可能です。
自分の歯が1本も残っていない、もしくは残っていてもツメ(クラスプ)の装着が不可能なほどのような抜ける寸前の状態であれば、抜歯の上、総入れ歯の使用となります。

部分入れ歯について部分入れ歯のイラスト
部分入れ歯は天然の歯と入れ歯が混在した状態です。
1~2本の歯がなくなった場合には、両脇の歯を支えとして、異物感が少なく自然観のあるブリッジによる治療を行うことが多いですが、支えになる歯が片側にしかない場合や多数の歯が失われている場合などは部分入れ歯の治療となります。

部分入れ歯は患者様自らが取り外して手入れができるようになっています。食事の際や会話の際に外れてしまっては困りますので、残存歯にツメ(クラスプ)をかけて、外れにくいようになっています。
ツメ(クラスプ)は残った天然歯に負担をかけますから、無理な力がかからないように調整します。ツメ(クラスプ)の見た目が気になる方にはノンクラスプデンチャーとよばれるツメ(クラスプ)がないタイプも選択が可能です(保険適応外)。

日々のお手入れが重要です
総入れ歯、部分入れ歯に問わず日々のお手入れは欠かさずに行ってください。
ずっと外さないでいると,口腔内の細菌が粘膜や歯に付着して,歯周病,口内炎,むし歯などの原因にもなります。
歯みがき剤は研磨剤が含まれていて、入れ歯のビンク色のプラスチック(レジン)をすり減らす恐れがありますので使用しないでください。入れ歯専用の洗浄剤を使用するようにしましょう。またブラシも入れ歯専用ブラシで行ってください。磨き終わったあとは市販の入れ歯洗浄剤とともに水の中に投入し保管します。超音波洗浄器を使用いただいても効果的に消掃できます。微細な超音波が細かい汚れもきれいに落とせますし、なによりお手軽に清掃をすることができます。

次回は入れ歯(総入れ歯)についてご案内します。