大阪市旭区にある歯科・歯医者|生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院の電話番号
大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院の診療日時
メニュ
大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院のメインイメージ画像

お知らせ

口腔内と夏バテの関係性

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
もうすぐ暑い夏がやってきます。夏の暑さに参ってしまい夏バテしてしまうかたも多く見られる季節ですが、「そういえば口臭がきつくなっているかもしれない」と感じている方はいませんか。
実は夏の暑さと口臭には、深い関係があり、夏バテによる体調不良が体内の健康状態を狂わせ、それが口の臭いを強くしているのです。

唾液と口臭の関係口臭が気になる男性の写真
夏バテが口臭を悪化させる原因のひとつに唾液の分泌量の減少があげられます。
唾液は単なる水ではなく、様々な成分が含まれます。その成分のうちの一つ、ヒスタチンは傷の修復に貢献しています。指などを小さく切ったとき「唾をつけて治す」のは医学的に理にかなっているのです。
また唾液にはリゾチームや分泌型免疫グロブリンAという成分も含まれていて、いずれも抗菌作用があります。そしてハイドロキシアパタイトは、虫歯菌によって傷ついた歯の表面を修復します。
さまざまな作用を持つ唾液ですが、口臭と関係するのは抗菌作用と虫歯修復です。

抗菌作用が低下すると細菌が増え、それに伴って悪臭を放つ揮発性硫黄化合物が大量に作られます。口臭の「生暖かいような臭さ」は硫黄の臭いなのです。
また虫歯自体が独特の臭いを放ちます。よって、唾液が減って虫歯の修復力が低下して虫歯になり、口臭が出てくるのです。

歯石の発生について
唾液の分泌が減少することにより、食材をうまく咀嚼できなくなります。その結果、歯に歯垢がたまります。歯垢の原材料は食べかすなので、これも臭いを発します。
さらに歯垢は歯石へと形を変え、虫歯の進行に加速をつけます。このルートからも虫歯が進み、口臭を強くしてしまいます。

夏の暑さと唾液量の減少について
健康な成人は、1日に大体1.5リットルの唾液を分泌しますが、これが夏場になると人によっては0.5リットル/日にまで減ってしまいます。夏は汗をたくさんかきます。その分の水分補給ができていないと、当然ですが唾液も減ります。
また、夏の暑さでイライラとストレスがかかると、人の脳は唾液量を減らそうとするのです。人の脳は本能的に、なにかしらのストレスや要因があって、体に傷を負うことに備えて唾液の成分の濃度を高めておこうという本能の働きがあります。その働きによって、唾液の濃度を高めるために、唾液中の水分を減らすのです。。

夏こそ口腔内ケアを徹底し、虫歯と歯周病治療へ
夏バテすると免疫が落ちたり唾液の分泌量が減ったりして、虫歯菌や歯周病菌が活性化してしまいます。それで虫歯や歯周病が発生したり悪化したりします。
虫歯も歯周病も口臭の原因となるので、夏こそ「歯の健康維持」と「口臭予防」を兼ねて、歯科医院で治療に取りかかりましょう。虫歯と歯周病を治すことで口臭も収まります。