大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

歯のホワイトニングについて

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

今回も引き続き補綴治療についてのご案内をいたします。歯の白さが非常に注目されるようになり、今や一般的になりつつ歯のホワイトニングですが、補綴治療の分野に該当します。

日本の歯科医院でも急速に拡大中
もともと歯のホワイトニングの歴史は古く、特にアメリカでは笑顔や口元の美しさが大変重要されています。白い歯、きれいな歯ならびがステータスになっているからでしょう。またアメリカでは歯科予防の意識が高く、歯のクリーニングを受ける習慣が定着しており、ホワイトニングもその時のメンテナンスの一環として普及、定着しています。
日本でも1990年代に「白い歯」への関心が急速に高まり、歯科医院でも本格的に手がけられるようになってきました。現在では国内の歯科医院の95%が、審美歯科の一環としてホワイトニング治療を導入しております。

ホワイトニング治療の種類
現在、国内で認可されているホワイトニングは大きく分けて「ホームホワイトニング」、「オフィスホワイトニング」の2種類があります。この2種類の利点、欠点を周知していると、受けようとされているホワイトング治療の選択が楽になると思います。

「ホームホワイトニング」の利点と欠点
医院にて診断を行い、歯型から専用のトレーを作成し、使用方法を歯科医院内で指導します。実際のホワイトニングはご自宅で行っていただきます。
利点は時間の拘束が少ないことです。また専用トレーは装着が外部からわかりにくいので、装着したままホワイトニング中も目立たず、お仕事中なども装着し続けることができます。ホワイトニングの効果も、オフィスホワイトニングに比べ、じっくりと時間をかけて漂白することにより、後戻りも遅く、透明感のある白さが期待できます。
きれいな効果を出すために時間がかかることです。これは患者様自身でも扱える濃度の薬剤となるため、劇的に効くというわけにはいきません。

「オフィスホワイトニング」の利点と欠点
利点は、短期間・短時間でホワイトング効果を得られることです。1回に1時間ほど、効果によって1〜5回程度でスピーディに白くします。ただし、歯科医院でのチェアタイムは長く時間の拘束が負担となります。歯科医院内での処置により使用する薬剤も高濃度のものを使用するため、結果が早く出るのですが、急速に白くするため、後戻りも早く、透明感も失われやすいといった欠点があります。

ホワイトニングに向かない方
残念ながら、誰しもがホワイトニング治療を行えるわけではありません。
・むし歯、歯周病のある方
・エナメル質、象牙質の形成不全
・知覚過敏のひどい方
・無カタラーゼ症の方(薬剤に含まれる過酸化物を分解する酵素がないため、飲み込んだ場合に体内に残留してしまいます)
・妊婦の方やお子さん、医師が判断し重篤な変色歯の方
・金属イオンによる変色の場合はホワイトニンでは改善できない

といったように、口腔内のコンディションによっては治療を受けることができません。ホワイトングを検討されておられる方はまずは診断を受けて確認してください。