大阪市旭区にある歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

歯の異常と疾患(①う蝕(むし歯)および歯髄疾患)

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回は「歯や歯周組織等の口腔内の疾患」についてご案内します。

ちなみに口腔内の疾患といえば、う蝕(むし歯)や歯周病などの名前は想像つくかと思いますが、その疾患の進行や他の疾患についてはご存じですか?

細かな疾患を上げるときりがありませんが、その中でも代表的なものは下記のものをご説明します。
 ・歯の異常と疾患
 ・歯周組織の疾患
 ・う蝕(むし歯)に啓発する疾患(顎骨の炎症)
それぞれに関する詳細について確認していきましょう。

歯の異常と疾患
①う蝕(むし歯)および歯髄疾患
う蝕(むし歯)とは、ミュータンス菌を主体とする「口腔内連鎖球菌」が付着して歯垢を形成し、細菌が算出する乳酸によって歯が溶解して軟化や欠損が生じた状態をいいます。
歯が酸に溶解する現象は、歯の主成分であるリン酸カルシウムが減少することを言い、この現象を脱灰といいます。初期のものでは不透明な白斑として確認されることもあり、歯磨きの徹底、フッ化物の塗布、フッ素洗口によって再石灰化することもあります。
う蝕(むし歯)がよく発生する箇所は歯磨きの行き届かないところで、一般的に幼少児や高齢者に多く見られますが、補綴治療等での修復物辺縁に発生するう蝕(むし歯)は二次齲蝕と呼ばれ、年齢に関係なく多く見られます。

う蝕(むし歯)の進行は、程度によって4段階に分類されます。

う蝕の進行状況

進行したう蝕(むし歯)(C1)
エナメル質がう蝕(むし歯)になっているので、軽度のものは経過を観察します。状況により、う蝕(むし歯)部分を削り、その後、修復材料で埋めます。もっとも広く使われている修復材料が、プラスチック樹脂のコンポジットレジンです。これを使った修復をコンポジットレジン修復といいます。

より進行したう蝕(むし歯)(C2)
う蝕(むし歯)が象牙質まで進んだ状態です。う蝕(むし歯)部分をC1より大きく削って形を整え、そこに金属、或いはコンポジットレジンで出来たインレーという詰め物をはめ込むインレー修復を行います。

さらに進行したう蝕(むし歯)(C3)
う蝕(むし歯)が歯髄(しずい:神経)に達し感染が及んでいる状態です。う蝕(むし歯)部分を削った後、状況に応じて歯髄を取り除いて根の中を綺麗にする根管治療が行われます。削る部分が大きいので、修復には土台を作ってクラウンを被せる方法が取られます。

非常に進行したう蝕(むし歯)(C4)
歯冠部が崩壊して、歯の見える部分が殆ど残っていません。出来るだけC3と同様に根管治療を行いクラウンを被せますが、状況により抜歯後にブリッジ、入れを入れなければならない事も有ります。この様にう蝕(むし歯)は進行すればする程、大きく削る必要が有ります。そうなると、通院回数が増え治療期間も長くなります。修復材料も高価になります。出来るだけ早くう蝕(むし歯)を発見し、早期に治療を始める事が大切です。

なお学校歯科保健においては初期のものをCO(シーオー)と分類し、再石灰化を促進させたり経過を観察することが推奨されています。

次回は「歯の異常と疾患」の「②その他の硬組織疾患」についてご案内いたします。