大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

歯を抜かない治療は良い治療でしょうか?

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回は歯科が行う歯の治療、診断についてご案内いたします。

「削らない」「抜歯しない」「より美しく」「予防」
むし歯治療や歯周病治療などの歯科医療において、歯科ではまず必要以上に「削らない」、「抜歯しない」というのが、最近の流れになっています。
当院も「できるだけ歯を抜かない、歯の神経を取らない、歯を削らない治療」を心がけ診察しております。ですが、それは状況に応じて変わります。どんな歯でも抜かずに、治療を行うということではありません。
抜歯処置を早くに行い歯を支える骨(歯槽骨)を失うのを防ぐことが(例:両隣接歯の歯槽骨吸収も防ぐため)、後の回復によい結果をもたらすことも多々あります。状況に応じて、将来を見据えた的確な診査診断が必要です。

抜歯処置の診断もきちんとします
歯を抜かないのはいい歯医者さんでしょうか?
もちろん歯はとても大切ですので、抜かずに済むならそれに越したことはありませんね。
ですが、生涯にわたって口腔内の健康を考えた時、将来的に抜歯治療がをすることによってよい結果が得られると診断することもあります。

「とにかく抜かないのがいい治療で、できるだけ抜かない歯医者さんは、いい歯医者さん」は正しい評価とは思えません。

もちろんむし歯や歯周病になって抜歯処置を行う必要がないよう、予防歯科に取り組んでいただくことが重要ではありますが、もしもの際には歯を守るのか、骨を守るのか、その判断をしっかりと行い、患者様の将来のことを一緒に考え、お伝いするのが「いい歯医者さん」だと考えています。
私たち歯科医師は良心的な診断を行い、状況に応じた診療をいたします。

ですので「どんな歯でも抜かずに残す」ということがいい治療とは限りません。