大阪市旭区にある歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

歯周組織の疾患(②辺縁歯周炎(歯槽膿漏))

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回も「歯や歯周組織等の口腔内の疾患」についてご案内します。

前回からご案内しております「歯周組織の疾患」ですが、今回は「②辺縁歯周炎(歯槽膿漏)」についてご案内いたします。

既にご案内しました「①歯肉炎」ですが、適切な処置を行わないともちろん症状は進行していきます。進行した症状はいずれ辺縁歯周炎、いわゆる歯槽膿漏へと悪化するのです。

歯周組織の疾患
②辺縁歯周炎(歯槽膿漏)
症状として、その多くは「慢性辺縁性歯周炎」とよばれ、歯肉炎の進行したものであります。
歯髄の感染が原因で生じる「根尖性歯周炎」と区別し「辺縁性」とよばれます。歯根膜・歯槽骨などの破壊を伴いますが、初期には自覚症状がないまま経過し、やがて歯周ポケットの深さも増大、ポケット内部の消掃は困難になてきます。歯肉の発赤、腫脹がみられ、歯肉を圧迫するとポケット内部から排膿することがあり、これは歯槽膿漏とよばれます。この状態まで進行すると、日常の歯磨きの際に出血を伴うことがほとんどです。
内部では歯根膜が破壊され、歯槽骨の破壊が進行していきます。歯を支える骨が無くなっていくわけですから当然、グラグラと歯の動揺がみられるようになります。場合によっては、歯が挺出(押し出された状態)したり傾斜したりすることもあり、噛み合わせにも大きな影響が出てきます。
そして風邪や過労、睡眠不足など体調不良時には症状が急性化しやすくなっていき、自発痛や腫脹が増大するようになってきます。内部で腫瘍を形成すると(急性歯周膿瘍)、発熱やリンパ節の腫脹がみとめられるようになります。

歯周病原性細歯の感染が直接的な原因ですが、歯石沈着、糖尿病、ストレス、喫煙習慣なども歯周疾患の発症や進行に大きく関連していると言われています。

上記で説明した症状のものを「成人性歯周炎」と分類するのに対し、「早期発症性歯周炎」と分類される進行の速いものが存在します。これらは遺伝的な因子が関与していると考えられていますが、特殊な細歯の存在も一部報告されています。発症時期によって「思春期前性歯周炎」、「若年性歯固炎」、および20~30歳代に急速に組織の破壊が進む「急速進行性歯周炎」など、さまざまな分類に分けられます。さらに「成人性歯周炎」でも、通常の治療法が奏効しない「難治性歯周炎」も存在します。

治療と予防について
歯周疾患の一般的な治療の流れは検査・診断、初期(基本)治療、再評価、必要に応じた歯周外科処置ならびに再建治療、メインテナンス(術後管理)となります。重篤な状況まで進行した場合は抜歯の対応となります。
早期発症型歯周炎や難治性歯周炎で特定の原因菌が疑われる場合には、抗生物質の投与も行います。
急性歯周腫瘍に対してはポケットからの排膿、切開、ポケット内洗浄、抗生物質・消炎鎮痛薬の投与を行いますが、歯周組織の破壊が高度な場合は、消炎後に抜歯の対応となります。

予防については歯肉炎の予防と同じで、患者自身によるプラークコントロールが最も重要です。それと合わせて、他の因子の除去も心がけるようにしてください。歯周疾患は長期間にわたる日常の生活習慣にかかわる様々な要因が影響する慢性疾患であるため、一般の生活習慣病と同様に食生活や喫煙・飲酒習慣の改善、そして定期的な検診とメインテナンスが有効な予防策となります。