大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

補綴治療について

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
「補綴治療」について、その審美性、機能性、強度、価格面などよく患者様よりお問い合わせをいただきます。
今までにも何度かご案内しておりましたが改めて、「補綴治療」について詳しくご案内してまいります。

「補綴治療」という言葉ですと聞き慣れない言葉かもしれません。 読み方は補綴(ほてつ)と読み、補綴治療は歯の大部分や歯そのものを欠損した際に、見た目や噛み合わせを補綴装置(かぶせ、さし歯などの人工物)で補う治療です。歴史としては紀元前2000年~1000年からあるといわれ、日本でも奈良時代から入れ歯があったことがわかっています。
この補綴治療にはいくつも種類があり、歯の残存状態によって、使用する器具や処置が変わってきます。補綴治療は下記のとおりです。((公財)日本補綴歯科学会分類)

クラウン
歯は歯冠(口の中で実際に目で見ることができる部分)と歯根(歯肉に埋没している部分)に分かれ、むし歯(う蝕)で歯がぼろぼろになるなどの症状は歯冠部分に見られます。
確認の上、歯根部分がしっかりしていると診断した場合、この歯根部分に際は口の中に出ている歯(歯冠)がぼろぼろになった場合、歯ぐきの中にある根の部分(歯根)に、「コア」と呼ばれる土台・芯を挿し込み、その土台の上に金属やセラミックで作った人工の歯冠(冠)をかぶせる治療です。

ブリッジ
歯が完全に抜けてしまった場合や、羅患した症状によって抜歯治療を行った場合など、その本数が1〜2本の場合で、かつその失われた歯の両脇の歯がしっかりしている場合はブリッジと呼ばれる治療を施します。土台となる両脇の歯を少し削り、人工の歯を橋のように架け、かみ合わせの調整を行います。

入れ歯(義歯)
むし歯や歯周病に羅患した結果や、事故などで歯や歯を支える骨を失った場合、審美性はもちろん食事や喋りやすさを回復させる治療です。
一部分の場合は「部分入れ歯」、上顎または下顎のすべての歯を失った場合は「総入れ歯」を製作し、装着します。

インプラント
歯がなくなったところの骨に、主にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人工の歯を作る方法です。人工歯根とも呼ばれます。
当院ではインプラント治療については予後について、懸念事項があるため、推奨しておりません。
詳しくはこちら→「生島歯科医院HP:インプラント治療は安全か?

ホワイトニング
歯は喫煙、コーヒーなどの嗜好品や薬、病気、加齢の影響で着色、変色することがあります。葉を白くきれいに戻す処置をホワイトニングといい、クリーニングやブリーチングから充填、ベニアと呼ばれる補綴処置などがありますが、処置の方法は適応症の種類や程度によって異なります。

顎義歯
怪我や炎症、あるいは腫瘍の切除手術などが原因で、口の中や顎に大きく傷が遺ることがあり、この傷を人工的に補填し、機能を改善するための特殊な入れ歯(義歯)を、顎義歯あるいは顎補綴(がくほてつ)装置といいます。一般的な歯科医院ではこの処置等は行われず、大学病院歯科等で行われている治療となります。

次回からは各治療ごとに使われる素材やメリット・デメリットをご案内してまいります。