大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

軽度と重度の歯周病の治療の違い

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
歯周病には進行状況によって、軽度なものから重度なものまで診断されます。本日はそれぞの治療の違いについてご案内します。

軽度なうちに手をうつ
歯周病のはじまりの歯肉炎は、歯の頚の部分に付着した細菌性プラークの攻撃でその部分が赤く腫れ、歯ブラシなどで血が出やすくなる、炎症の状態を指します。
しかし、この状態はまだ歯の頚の付近に炎症が限定されているので、早くそれに気づき、原因のプラークやそれが固まった歯石などを取り除けば、短い期間でもとの健康な歯肉に戻すことは容易です。その手段には、歯みがきなどでプラークを取り除くプラークコントロールと、歯石を取り除くスケーリングがあります。また、うがい薬などで殺菌し、歯肉の清潔を保つこともあります。

重度の場合、治療内容が多く、期間が長い
軽度な歯肉炎の状態を放置し病気が進むと、多くの場合、歯周炎になります。
歯周炎は、歯と歯肉との間の溝が深くなり、そこにプラークや歯石が入り込んで、炎症がさらに深い部分に拡大した状態を指します。この特徴は、歯の周りで歯をしつかり支えている骨が溶かされることです。この状態になると歯肉の腫れや出血に加え、膿が出たり、痛みが出たり、歯がぐらぐらと揺れるようになります。
これを治すのは、まず徹底的なプラークコントロールと歯肉の下に入り込んだ歯石を取り除くスケーリング、歯石で汚された歯の根の表面を大掃除するルートプレーニングです。
歯肉の下でも深くに入り込んだ歯石が多い場合は、歯肉を切り開いて中の歯石を取る歯周外科手術(フラップ手術)、噛む痛みやぐらつきを弱めるための咬合調整、揺れていない隣の歯と繋げて支える暫間固定を行うこともあります。

軽度なうちに自分でできるケアはもちろん、歯科医院で歯石を除去していただくように努めていただき、重度な状況になることを防ぐようにしましょう。