大阪市旭区にある歯科・歯医者|生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院の電話番号
大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院の診療日時
メニュ
大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院のメインイメージ画像

お知らせ

頭痛や肩こりの原因に~奥歯のトラブル~

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
今回は口腔内のダメージが身体に影響する事例として、頭痛や肩こりと奥歯の関係についてご案内致します。

食事の時の歯の役目について、最初、食材を噛みちぎるのは前歯の役目ですが、その後飲み込むまでの、歯の働きは奥歯の役目です。食べ物をかみ砕く、すり潰すなど非常に強い力がかかります。また年齢とともにう蝕(虫歯)を中心とした口腔内トラブルが目立つようになってきます。このトラブルは歯のかみ合わせにも関わっており、処置をせずにこのまま放置すると頭痛・肩こりなど広範囲に影響してきます。

奥歯は正式には「大臼歯」と呼ばれます。先述の通り食べ物をかみ砕いたり臼のようにすり潰したりするため、前歯に比べ一本一本にかかる力は非常に大きく、また歯ブラシが届きにくいため丁寧な手入れが要求されます。そして加齢とともに罹患率の上がるう蝕(虫歯)や歯周病など奥歯のトラブルが目立つようになってきます。厚生労働省の歯科疾患実態調査では、50代では約60%の人がう蝕(虫歯)などで歯を失った経験があり、それは前歯より奥歯の方が目立つ結果出ています。
加齢=歯を長年酷使し、「勤続疲労」がでてきており、う蝕(虫歯)や歯周病につながるわけです。

抜歯後のかみ合わせ不良長年生きていると咀嚼を繰り返してきた負担が歯に蓄積していき、歯根にひびが入ったり折れたりするなどダメージを受けやすくなったり、歯茎が下がり根元周辺がむき出しになったりなど、う蝕(虫歯)になりやくなる状況になりがちです。
また加齢ととともに奥歯の詰め物やクラウン(かぶせ歯)を施すなどの治療をしている人も多くなります。時間の経過とともに、歯と治療で使った金属の隙間からもう蝕(虫歯)になりやすくなり、また、これらの治療のたびに歯は大幅に削られてしまいます。それに伴い、う蝕(虫歯)が再発するリスクも高くなっていきます。

このように「勤続疲労」による歯のトラブルケアを怠ると、症状によっては、抜歯をせざるを得ない状況になります。そして奥歯が抜けたまま放置していると、かみ合わせのバランスが大幅に崩れてしまうことに繋がります。かみ合わせのバランスは人間の体に大きく影響しており、かみ合わせがずれると、歯以外にも様々な不調をもたらすことになるのです。

代表的な影響としては、頭痛と肩こりがあげられます。
咀嚼したり、かみしめたりするために口や顎の周辺はさまざまな筋肉で構成されています。かみ合わせのバランスが崩れてくると、そうした筋肉は過度の働きを強いられるようになり、ダメージを負います。

上顎と頭部をつないでいる「側頭筋」に負担がかかると、頭痛が発生します。頭や首の筋肉イメージ
下顎から肩周りにある「咬筋」や「僧帽筋」がこわばると、肩こりにつながります。

「勤続疲労」による歯のトラブルケアには、う蝕(虫歯)予防を意識した口腔内清掃が欠かせません。食後30分以内の歯磨きや、歯と歯の隙間を磨くなどを心がける。その際には歯磨き粉を使用しないようにしてください。(※研磨剤が含まれており、歯によりダメージを与えます)
それでも抜歯を余儀なくされた場合、かみ合わせへの影響を抑えるため、そのまま放置しないようにしましょう。

抜歯後の対策については、よく用いられるブリッジなどでも、従来は金属製が主でしたが、最近は自然なかみ合わせが得られるように樹脂製のものも出回るようになって、見た目にも考慮されています。金属製より歯を削る量は少なくてすむことも多く、歯をなるべく削らないことで、歯の寿命をできる限り伸ばすことも意識した治療法も選択できます。