大阪市旭区にある歯科・歯医者|生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院の電話番号
大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院の診療日時
メニュ
大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院のメインイメージ画像

お知らせ

顎関節症(がくかんせつしょう)について

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

顎(あご)の関節の音がする、口が開かなくなる、顎が痛む、このような自覚症状がある方はいらっしゃいませんか?
この症状は顎関節症(がくかんせつしょう)が疑われます。
口を開け閉めした際に顎の関節でカックン、コッキンというような音がします。
このような症状がある時は、硬いものを食べたり、無理に大きく口を開けたりしないようにしてください。痛みを感じ、スムーズに口が開かない場合は歯科医院で受診してください。

顎関節症の症状は?顎関節症のイメージ
顎は微妙に入り組んだ形で構成され、様々な役割をもっています。
筋肉と関節と神経が集中し、下の顎を支えており、食事や、会話を行うと連動して動いています。この顎の関節やその周囲が何かの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。

●顎関節やその周辺に異常を感じる。
●食事の際、食べ物を噛む時に痛みを感じたり、顎にだるさを感じる。
●口を動かすと顎関節に痛みがある、噛みしめると顎関節が痛い
●口を開けたり閉じたりすることがスムーズに行えない。
●顎関節でというような音がする。
●顎が外れることがある。

以上の症状のうち少なくとも一つ以上があるとき顎関節症にかかっている可能性が疑われます。
また、上記のように症状は広範囲にわたり、人によっては軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのも特徴です。軽い症状の場合は適切な対処で、日常生活に支障をきたすことを感じないようにすることもできますが、重い症状の場合、進行して顎の機能が完全に破壊されてしまうこともまれにありますので、症状があれば早めの診察をお勧めします。

代表的な症状以外にも、顎周辺だけでなく全身の様々な部位に症状が現れることもあります。頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛みから、耳や鼻、眼といった部位にも異常が伴うこともあります。ひどい場合では嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ等の症状も報告されています。

顎関節症の原因
様々な原因が考えられますが、上下の歯の噛み合わせの異常による場合が多いです。
また精神的緊張、ストレスにより、顎周りの筋肉の緊張から、過度な力が関節にかかり顎関節に負担をかけることもあります。歯ぎしりも顎の関節に大きな負担をかけます。
顎関節症の誘因としては原因が1つだけではなく、複数の原因が重なり、さまざまな症状がでることが多いようです。
医療の進歩によって、部分的には明らかにされましたが、いまだにわからない点も多く残っているのも事実である症状です。

原因として判明している代表的なものは

●過度なストレス
●歯ぎしり
●強いくいしばる
●唇や頬の内側をかむ癖
●頬杖、うつ伏せ寝などの不良姿勢
●顔面打撲や事故による外傷
●義歯や歯のかぶせの不一致(悪い噛み合わせ)
●口を大きく開けたり、硬いものを噛むことにより顎の酷使
●片側の歯のう蝕や歯周疾患等の影響で、反対の歯だけで食べ物を噛む
●うつ、不安因子がある、睡眠不足

顎関節症の治療
噛み合わせを治すことが一番重要です。
スプリント(マウスピースのように装着する)を上顎にいれ、上下の噛み合わせを調整します。それにより、顎の関節頭が正しい位置に戻り、筋肉の緊張がとれ、スムーズに動かすことができるようになります。
さらに微調整をくり返し症状が取れた段階で必要があれば、入れ歯やクラウンと言うかぶせ物などを入れたりする事で、噛み合わせの関係を治したりします。

詳しくは「生島歯科医院ホームページ」の「顎関節症治療」をご確認ください。