大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

高齢期の口腔内のトラブルや対策

⼤阪市旭区の皆様こんにちは。⽣島⻭科医院院⻑の⽣島です。

日本国内での調査結果によると、日本人では80歳で残っている歯の数は平均すると約10本です。大人の歯は親知らずを除くと全部で28本なので、残念ながら多くの方は、むし歯や歯周病などで20本近くの歯を失ってしまったことになります。
今回は、入れ歯をお使いの方に起こりやすい問題と、その対応についてご案内致します。

入れ歯が動く、落ちやすい
多くの歯がなくなってしまった部分を補うため、大きな入れ歯をお使いの方も多いと思います。入れ歯を入れて年月が経つと、知らないうちに噛み合わせがずれてきたり、入れ歯がずれたり落ちゃすくなってくることがあります。
この原因として、入れ歯が乗っている歯ぐきの土手の部分と入れ歯の裏側との適合が悪くなっていること、上と下の入れ歯の噛み合わせが変わっていることが考えられます。歯科医院で入れ歯の具合を確かめてもらうなどのメンテナンスが必要です。

入れ歯の下の歯ぐきが腫れて痛い
上顎の歯ぐきの真ん中あたりがぶよぶよして入れ歯を入れるとゆれて痛みがある、歯ぐきの疾患のフラビーガムという症状が考えられます。
また歯の根の部分だけが何本か残っていてそのまわりの歯ぐきに炎症が起きていたり、動きやすい入れ歯の端の部分が、歯ぐきや粘膜に当たっていることもあります。歯ぐきの状態が悪くないか、入れ歯が歯ぐきを傷つけていないかも確認が必要です。
また入れ歯が不潔でプラ一クがたまると歯ぐきに炎症を起こすことがあります。入れ歯も毎日きれいに洗って、清潔なものを使用するようにしましょう。

口が渇きやすい
口腔乾燥症になっている可能性があります。これは唾液が出る量が減少することにより、お口の中が異常に乾燥する状態をいいます。

症状としては
口がよく渇く、ねばねばする、飲みこみにくい、しゃべりにくい、歯ぐきや粘膜・舌が痛い、ヒリヒリする、口が臭く感じる、昧がわかりにくい、入れ歯を入れにくい、くちびるが切れやすい
などがあります。

そのため、唾液による口のなかを洗い流す働きが悪くなって汚れがたまりやすくなり、むし歯、歯周病、口腔カンジダ症などになりやすくなります。対応策はいくつかあるのでご相談してください。