CATEGORY

歯磨き

大阪市旭区にある歯科・歯医者の生島歯科医院です。歯磨きに関する情報を発信していきます。

  • 2016年8月4日
  • 2020年6月12日

くさび状欠損について

くさび状欠損について 最近の歯磨き粉を使用して歯ブラシをすると、研磨剤が大量に含まれている為に知覚過敏症になりますが、高齢者の方は若年者に比べて、歯の硬組織の中の歯髄の部分に第二象牙質が形成されて、歯髄腔が狭くなりそして外来刺激が伝わりにくくなるため […]

  • 2016年8月4日
  • 2020年6月12日

最近の歯磨き粉について

最近の歯磨き粉について 最近、患者さんによくアドバイスしている事を書きます。 市販で売っている歯磨き粉はいろんな種類がありますが、昔に比べてかなり多くの研磨剤が入っています。 日本では「歯磨き粉の中に研磨剤を何パーセント以上入れてはいけません」という […]

  • 2016年8月4日
  • 2016年9月26日

歯ブラシの持ち方

歯ブラシの持ち方は基本的にはペングリップという鉛筆を持つような握り方がベストです。歯ブラシを適度に軽く力を加えることができるので微妙なコントロールができます。大抵の方はパームグリッップというすべての指で握りしめる持ち方をされている方が多いです。 力が […]

  • 2016年8月4日
  • 2020年6月12日

電動歯ブラシについて

電動歯ブラシは多くの種類がありますが音波電動歯ブラシや超音波電動歯ブラシでさえもすべての歯をきちんと磨けません。毛が硬めか普通のタイプしかないので(柔らかめは電動歯ブラシではすぐに毛が広がってしまうので使い物にならないために販売してないです)歯の表面 […]

  • 2016年8月4日
  • 2020年6月12日

歯磨き粉について

歯磨き粉はブラッシングの効果を上げますが、たくさん泡立てる事で磨けた気がしてしまったり、香料(ミントやメンソールなど)による清涼感で満足してしまい、磨き残しの原因になったりもします。歯磨き粉の使い方には注意しましょう。 〇成分と作用 歯磨き粉には基本 […]

  • 2016年8月4日
  • 2016年9月26日

歯ぐきマッサージ効果

ブラッシングには、大きな目的がふたつあります。ひとつはプラークを取るという事。そしてもうひとつは、歯ぐきのマッサージを行うという事です。 ● 歯ブラシで歯ぐきの表面をこする。 ↓ ● 歯ぐきの血管が圧迫を受けて血液循環が促進、血液の流れが良くなる。 […]

  • 2016年8月4日
  • 2016年9月26日

歯ブラシの使い分け

やわらかい歯ブラシと硬い歯ブラシ、どちらがいいの? 歯ぐきの炎症がひどい人、お口の手術直後の人などは、やわらかい毛先の歯ブラシを使用したほうがよいでしょう。 硬いもしくは普通の歯ブラシは歯ぐきが下がったり、知覚過敏症(歯磨き粉を使用した場合)になった […]

  • 2016年8月4日
  • 2016年9月26日

歯磨き回数

物を食べるとお口の中の細菌に栄養が補給され、活動や増殖が盛んになります。つまり細菌に栄養を与えず、活動できなくなるようにするには、「物を食べたらみがく」必要があるのです(下グラフ)ですから間食の回数が多い人はそれだけ歯磨きの回数も多くしなくてはなりま […]

  • 2016年8月4日
  • 2016年9月26日

ブラッシング圧

歯垢(プラーク)は基本的にはやわらかいものです。適切に歯ブラシを当てていれば、ごく軽い力でも十分プラークを取ることができます。一般的にブラッシング圧は普通の硬さの歯ブラシを使った場合、300g前後が良いといわれています。 ブラッシングは一生懸命やって […]

>大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区 生島歯科医院

大阪市旭区の歯科・歯医者の生島歯科医院は、患者さまのご要望をお聞きし、治療方法を十分説明した上で患者様にとって最高の治療をご提供する歯医者・歯科医です。